La Gare

カテゴリ:Railway( 4 )

発車

b0009286_2230267.jpg

束の間の喧騒の後に残るものは、元どおりの静寂。


…最近乗り物ネタばかりだ…(-_-;)
by La_Gare | 2005-11-10 22:50 | Railway | Trackback | Comments(4)

機を待つ。

b0009286_0544317.jpg

やがて来たるべき「道開く時」を、今はただ待つ。
<肥薩線・吉松駅>

KODAK ULTRA COLOR
by La_Gare | 2005-10-27 00:55 | Railway | Trackback | Comments(8)

男の職場

吉松から、肥薩線は急な峠を越えて熊本県の人吉を目指します。
人煙稀な山奥の細い峠道を、列車はゆっくりゆっくり時間をかけて登っていきます。
ローカル線は、車掌のいないワンマン運転。
運転室は半分開けっぴろげな設計で、中の様子が見えました。
b0009286_0344840.jpg

<肥薩線・車内にて>

孤独な“職場”の中で、運転士さんはときおり時刻表を指差して確認しつつ、
上り坂にあえぐ汽車をなだめすかして確実に前へと進めていきます。
by La_Gare | 2004-09-20 00:39 | Railway | Trackback | Comments(2)

山間の駅にて

帰路は、九州の背骨を縦断しようということになりました。
行きは新幹線経由で博多から2時間そこそこで来ましたが、帰りはのんびり6時間半の道のりです。

まずは鹿児島東部の隼人という町から出ている「肥薩線」というローカル線に入り、吉松という駅に来ました。ここは、宮崎の都城へ抜ける別のローカル線が分かれており、古くは鉄道の要衝として栄えたところのようです。山間の駅としては駅が大きく、構内も広く、昔日の面影をとどめています。
b0009286_2224761.jpg

<鹿児島・吉松駅>

と、そこでもうひとつ、絶滅したと思っていた風景に出会いました。
b0009286_2264422.jpg

「え~、弁当~っ!缶ビールに~お茶ぁ~! え~弁当~っ!!」
ホームに朗々とした声が響き渡ります。ああ、懐かしい駅弁売りのおじさん。

「とんこつ弁当」を食べたばかりでお弁当には手が出せませんでしたが(残念だなあ)、
おじさんの箱の中には幕の内弁当がみっつ、きちんと並べられていました。
きっと手作りのおいしいお弁当なんだろうな…。

モデル代がわりに?お茶だけ買って、次の列車に乗り込みました。
by La_Gare | 2004-09-19 22:12 | Railway | Trackback | Comments(8)