La Gare

Snow

ホームに降り立ち、ふぅ…と息を吐く。
ほわっと白い湯気が立ち上る。

凛とした空気は嫌いじゃない。
駅を出ると、雪が静かに降っている。
駅前広場は積もった雪で一面真っ白だ。

顔中に雪を浴びながら、ホテルまでの道のりを歩く。
不思議と心が落ち着いてくるのがわかる。
やっぱり雪景色は、自分の原風景なのだろう。

産まれてすぐに、雪国に移った。
文字通り雪に閉ざされるような田舎町で、
「あんたは眩しそうに目ぇ細めながら、ずーっと雪を見てたのよ」
と母は言っていた。

久しぶりの北国出張で、
久しぶりに穏やかな気持ちで雪を眺めている。

# by La_Gare | 2017-02-08 22:02 | Diary | Trackback | Comments(0)

熊本・大分に寄せて

東日本大震災から5年、今度は九州・熊本と大分での大きな震災。
不幸にして命を落とされた方々に哀悼の意を表するとともに、
被災された皆様にお見舞いを申し上げます。

私自身、忘れようとしても忘れられない5年前の強烈な体験を今また突きつけられているようで、
報道に接する度に胸がつぶれる思いがし、涙が滲みます。

給水や給油を待つ列、車中泊を続ける避難者、物資や食糧の不足…
「3.11」の時に問題となったことが、今回も繰り返されています。
あの時に物がない辛さを味わった者の端くれとしては、あまりにも切なく辛い。
一日も早く水や物資、燃料などが行き渡るようになり、
何よりも地震が治まって熊本・大分の方々が脚を伸ばして熟睡できる日が
一日も早く来ることを願わずには居られません。

私も何度か旅してお世話になった、熊本・大分。
自然豊かで温泉があふれ、旨いものがたくさんある
美しい「火の国熊本」「おんせん県大分」が、戻ってきますように。
# by La_Gare | 2016-04-18 23:41 | Diary | Trackback | Comments(0)

秋空

b0009286_23432819.jpg

<東京・八幡山駅>



# by La_Gare | 2015-09-25 00:28 | Kanto | Trackback | Comments(0)

5年ぶり

5年ぶりに東京勤務に戻って、約半月が経ちました。
どうにかこうにか予定通りに仙台を引き払い、家財一切と車も持ち込んで。

環境が戻ると不思議と習慣も戻るもので、昨日・今日と久方ぶりに夜のドライブへ。
気の向くままに都内から横浜方面へと流す道は、
当時と変わらない懐かしい場所もあれば、激変して以前の姿を思い出せない場所も。
流れた月日と、都会時間の速さを実感しました。

またどうぞよろしく。
# by La_Gare | 2015-07-05 23:56 | Diary | Trackback | Comments(8)

10か月ぶりの

…更新です。
ずっと沈黙しておりましたが、なんとか生きておりますよ。

只今現実逃避で記事更新をしております。

何から逃避しているかって?
引越の準備です。

そう、5年ぶりに首都圏へ戻ることになりました。
今度は横浜ではなく、都内に移ります。
里帰り人事で仙台へやって来て、震災に遭い、津波にクルマをやられて買い替え…
まあ、何と言うか、それなりに激動の5年間でしたね。

物を増やしたつもりもないのですが、いざ準備を始めてみると
5年の月日は物を増やしていたことがわかります。
5年前に横浜から持ってきたもののうち
開封していなかった荷物をかなりの勢いで捨てております。
前回あれほど苦労したのに、人間は学習しない動物なのだとつくづく実感中。
いや、一般化しちゃいけないですね。自分が学習しないだけなのに。

それにしても一人でやる片づけるは進まないものですね…
ああ、時間がない。そして散らかった家の中には寝る場所もありません。
果たして間に合うのでありましょうか…?
# by La_Gare | 2015-06-14 22:38 | Diary | Trackback | Comments(2)